様々な運輸手段で社会を支えている物流運送について

華やかさのある仕事ではありませんが、物流は社会を支える根本的な仕組みであり、物流が無ければ生活は成り立ちません。物流はいわば社会にとっての血液循環に相当しますから、円滑な物流が実現すればするほど社会の効率は進歩して一層良い暮らしが達成されることになります。

ピアノを運搬したい時はピアノ百貨へどうぞ

流通を支えるのは物資運搬する運送業界です。多くの物資を流通させる運送業界には、何のためにどこに運送するかによってさまざまな種類の運送手段を備えています。その都度適格な運送手段を選択することが物流の最適化を達成することであり、低コスト短時間での物資輸送を可能にします。

航空機を使い物資を運送するのが航空輸送です。
航空輸送はさまざまな運送の中でも長距離を短い時間で配送したい場合に一番よい配送方法です。海外で生産された物資などをいち早く運送するには航空輸送が一番で広範囲の物流システムには欠かせない種類の運送手段ですが、高額の経費が掛かるのがデメリットです。航空輸送と並び、長距離運送で活躍しているのが船舶輸送です。船舶の運送の特徴は航空よりも大きい量の物資輸送が可能であるという点です。そして航空輸送より費用の面で低く抑えられるという有利なポイントがあります。時間的にはより掛かってしまう点はマイナスポイントとなります。
航空輸送なら数日で運送を全うする距離でも船舶輸送だと運送に数週間以上の時間を消費することになってしまいます。重い物でも運送可能なため、航空輸送では採算が合わない種類の貨物を送るのに適しています。

陸上での輸送は大きく分けると二つに区分されます。たくさんの物資を拠点間に運ぶのに用いられるのが鉄道輸送です。貨物車両を用いて運送をする鉄道輸送は陸上における物流の要であり、血管にたとえると大動脈に当たる運搬を支えています。

陸地で最高速の物流方法は鉄道なので、数千キロもの距離の輸送を行う時もあります。最も多く、身近な存在が自動車輸送です。自動車輸送の最も大きな特徴は、物流の末端を担う存在であるということです。船舶輸送や航空輸送はあくまでも港や空港などの拠点同士を結ぶ物流であり、最終目的地までの物資の運送は行いません。最終的な届け先への運送は拠点から自動車輸送が実行することになります。