鍵をもらった日に合鍵も作っておきましょう

防犯対策を有効的に行うためにも、合鍵の保管は慎重に行わなくてはなりません。どんなに性能の優秀な鍵で住まいを守ろうと思っても、一つ合鍵があるだけで防犯の努力が徒労となることもあります。合鍵は防犯上では、薦められない存在です。合鍵など少なければ少ない方が、防犯能力は高まります。いってしまえば合鍵など全く作らない方が、防犯のためには確かなのです。

しかし日常生活を送っていく中で、唯一の鍵しかないというのは不便なことです。一本しかない鍵を紛失してしまえば問題は避けられませんし、同居者や家族に合鍵を渡せなければ、外出したりというごく当たり前の行動さえ自由がきかなくなってしまうことになります。かといって鍵をポストや鉢植えの下に放置して出かけるのでは、逆にリスクが高まってしまいます。

合鍵は生活のためには存在しなければならないものです。防犯面の向上のためだからといって、単純に排除はできません。
ならばせめて、合鍵がよからぬことに使われてしまわないために管理していくべきです。合鍵を常に、どこにあるか把握できる状態にしておきましょう。全部で何本あり、それぞれどこで誰が所有しているのかを明白にしましょう。キーを持つものはそれを紛失してしまわないように、完全な管理をします。鍵のままにしておくと落としやすいので、キーホルダーを付けておくことが良いです。

トラブル?鍵なら福島市の鍵専門店へ!

万が一落ちてしまった場合にわかりやすいように、鈴など音が鳴るものを付けておけばなお安心です。

自宅に置いておく用の合鍵は、決してわかりやすいところにはしまわないでください。そんなに使用する状況があるものではないので、使いやすいように見えるところに置いておく必要はありません。クローゼットの中になどに収納するときは、鍵が見える形でしまうのではなく、封筒に入れたり道具箱に入れたりして、一見して鍵が入っていると認識させないように工夫するのが最もいい方法です。玄関に二つの鍵を用いたりと、鍵が複数ある時はそれを一つにまとめるようなことはせず、それぞれ放して厳正に管理します。