草を刈るにはコンセントタイプのバリカン式芝刈機がおすすめです

草を刈るのは面倒な作業ですが、邪魔な草を刈るのに何を使用するのがよいか、それはやはり芝刈機です。芝刈機は、数多くの機種があります。回転式の芝刈機について、こちらはぱっと見良さそうにも思えるのですが実は芝が寝ている状態だと上手く刈れずに、すっきりと短く刈ることもできません。

そのために今回はバリカン式の芝刈機について説明していきます。きれいに芝を刈るためにはバリカン式の芝刈機とハサミを使えばかなりきれいに刈れてしまいます。

そもそもバリカンとは何なのでしょう。芝生を刈る道具であり、重なり合う二枚の刃が水平に往復することにより芝を刈れます。また、刃の幅としては80ミリメートルから170ミリメートル程度が主流です。自宅のお庭くらいの大きさであればバリカンだけで十分に刈ることが可能です。

まずはそんな芝刈機の選ぶ方法についてです。万一のことも考えてハサミは少しお高めのものを使うようにしましょう。ホームセンターなどに売っている600円程度の安いものでしたらば、あまり使い勝手はよくありません。コードレスは取り回しの点では優れているのですが、本当に使いやすいのは100ボルトの芝刈機なのです。

コードレス形式のものだとたいていリチウムイオン電池が搭載されているものを選ばれるとは思うのですけれど、こちらのリチウムイオン電池はコンセントタイプのものに比べると電圧が低くなってしまいます。そのため理想としてはこちらのコンセントタイプのものを使用して、延長コードを買うことをおすすめします。

ラストにバリカン刀の耐久性についてです。できるのであれば長期間にわたって使い続けたいものですが安全面も気になります。バリカンとは先ほども述べましたように二枚の刃物の刃先を擦り合わせて芝を刈るような仕組みになっています。そのような刃なので、すごく長く保てるというわけではないのですが、切れ味が悪くなってきたと感じたら、すぐに交換しましょう。刃の交換は簡単にできるものが多いので安心し取り替えることができます。以上からバリカン式芝刈機についてお分かりいただけたなら購入を検討してみてはいかがでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*