たくさんのカギを管理できる

開業をする時、入退室管理システムを検討される方もいらっしゃると思います。入退出管理システムは、オフィスなどには欠かせない存在です。勧める理由の一つとしては、賃貸業を営んでいるマンション等の管理者や所有している人の、鍵の取り扱いが簡単になるということがあります。今までだと、開業時の複数の鍵の保管や管理は、入退室時以外でも面倒だったと思います。

それが、入退室管理システムを取り入れることで、実際のカギを何個も物理的に保管することなく、1枚のカードをマスターキーとして登録することによって、1枚のカードでたくさんのカギを管理することができるようになります。複数のカギを適切に管理するには大変な煩わしさを強要されることだったでしょう。しかし、マスター登録することによってたくさんの部屋のカギを楽に管理することができます。

情報管理のため入退室管理をしても、人の識別情報を使用して、なりすますことによって入室することも可能性としては考えられます。

そこで、なりすましを防ぐためにも静脈認証などによる個人の生体的な特徴を使ってIDを照らし合わせ、個人を特定する生体認証という方法もあります。カード式や、パスワードによる認証方法と比べて、盗難や偽造、紛失、なりすましの危険度がないので、セキュリティ性を高める事が可能になるでしょう。何より、本人の生体的な特徴を活用して認証をするため、カードなど物理的な情報を携帯する必要がなく、開業する会社側にとっても全社員分のカードを用意したり登録したりといった煩雑な業務がいらなくなるなど、運用面、管理面でのいろいろな負担が少なくできます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*