マンションの鍵の交換を検討中の人におすすめです

住宅には、常にと言って良いほど鍵があります。なぜならほぼ全ての住宅には、ドアが設置されているからです。そもそもほとんどの扉には、ほとんど鍵が設置されています。ですので出入りする為には鍵が必要になるのですが、それも住宅によって色々な種類があるのです。

簡単にシステムセキュリティチェック!「親和銀行セキュアスターター」 | nanapi [ナナピ]

住宅は大きく分ければ2種類になります。アパートもしくは一戸建てです。それからその2つの住宅は、鍵に重大な違いがあります。

はじめに戸建て住宅の場合は、鍵は多くの場合1種類になるのです。2種類もの鍵が必要になる場合は、極めて稀です。それに比べてマンション物件などの場合は、鍵が2種類になっている場合が多々あります。なぜかと言うとその物件では、2種類の扉が設置されている事が大変に多いからです。

元々多くのマンションには、入り口といわれる部分があります。そしてそこにはドアが設置されているので、中へ入る為に鍵を使うことになります。
中へ入った後は、今度は自分の部屋に入るための扉を開ける必要があります。その為には、また別の鍵が要るのです。一戸建ての場合はエントランスというものが無いので、鍵はたいてい1種類になる訳です。そしてマンションですと、鍵を開けるためにパスナンバーが必要になるケースがよくあります。

街を移動中、集合住宅の入口にパネルが設置されている事があります。そのパネルは、番号を入力するためのボタンがあります。

そのボタンで正しい番号を入力して、出入りができるようなシステムになります。いわゆる暗証番号を入力するためのパネルなのです。外からの不法侵入を防ぐ為に、 労力をかけてそのようなシステムが採用されている訳です。そして戸建ての鍵の際は、そのような番号システムに左右されている事は珍しいです。戸建ての場合は金属錠だけが用いられているケースが多いのです。すなわちマンション物件などの鍵などには、「2種類」と「番号システム」といった2つの特徴がある訳です。