鍵を交換して玄関の防犯を高めよう

玄関は、家の出入口になります。出入口には扉が設置されているのですが、そこにはほとんど鍵が設置されています。その目的としては、不法侵入を防止する為です。誰かが住宅の中に不法侵入すると、予測できない大変な事になってしまいます。盗難とかによって、大きな被害が生じてしまう事もあるのです。それを防ぐ為に、人々は玄関に対して鍵を設置しているという訳です。

ところでここ最近の鍵は、以前に比べると電子タイプが増えているようです。
昔は、電子タイプの鍵ではなかったのです。以前に用いられているキーは、主に1種類でした。金属タイプの鍵が使用されていて、電子タイプのキーはほとんど見られない状況だったのです。

それが近年では、別途、番号を入力したり、付属のカードを持ち歩いたり、自分のスマートフォンと一緒に使わないと作動しないタイプのものが増えてきました。例えばマンションの入口などは、番号タイプの鍵が設置されているケースが多々あります。入口部分はマンションの玄関に相当しますが、ここにはたいていパネルが設置されています。
それに暗証番号を入力すると、扉が開く仕組みが多いです。それとカード媒体で扉が開くタイプの鍵も多いです。そういったタイプの鍵の場合は、たいていは入口部分にセンサーが設置されています。センサーに対してカードを翳すと、扉が開くという仕組みになるのです。それとスマートフォンを使用して開くタイプもあります。それを同じくセンサーが設置されていて、スマホをかざすと開くタイプが多数です。
ただしスマホを紛失してしまうとドアは開きませんので、注意が必要です。

最近では、こういった電子タイプが増えてきています。というのも現在では、玄関から不法侵入をする為の手口もだんだん巧妙になってきているのです。今までの金属タイプでは不法侵入を防止するのは難しくなっているので、最近では電子タイプの鍵も増加傾向にある訳です。ただ電子タイプの鍵は金属タイプに比べると、価格は高めになります。その分スペックは高めになってくる訳です。