防犯対策の為の鍵の選び方

建物のほとんどには、扉が設置されています。そして扉より奥に進むためには、鍵が不可欠になるのです。ところでなぜ鍵を設置する必要があるかと申しますと、犯罪防止です。一部の人は正当な目的もなく無断で建物に侵入してしまうからです。本来建物に入るという事ができるのは、建物を利用している方のみです。しかし一部の人は、何かしらの理由があって建物に不法侵入している事があります。
その理由も、人によって違います。いずれにしても建物に入居している身としては、それを防止する必要があります。ですので建物の入口部分である扉に対して、鍵を設置している事が多い訳です。

ところでここ最近の鍵は、以前に比べると様々な種類があります。少し前までは、鍵はディンプル主流だったのです。しかし最近では、ディンプルだけでなく様々なタイプが用いられている傾向があります。
というのは最近は、不法侵入の手口も巧妙になっているからです。以前までは侵入を防止できた鍵では、防止が難しくなっている場合もあるからです。

例えば最近では、防犯のために電子錠と呼ばれるタイプが増えてきています。暗証番号などを入力しないと、扉を開けることができない製品が増えているのです。その理由としては、ディンプルを開けるための不法侵入の手口が巧みになっているからです。今日の不法侵入者は、ディンプルは手軽に開けることができているのです。
しかし電子錠というタイプの場合は、簡単には開錠できないのです。そもそも番号が分からなければ、ドアを開けるのも大変難しいからです。それにより最近では、ディンプルではなく電子錠を扉に設置しているという方も増加傾向にあります。

参考までに電子タイプの鍵の場合は、費用はやや高めです。しかし人々の中には、「たとえコストが高額になっても、不法侵入は防止したい」と思案している方もいらっしゃいます。費用対効果に値打ちを感じて、最近の方々はやや費用が高めな鍵を設置している建物も多数です。